”ホワイトニングで白い歯”は 歯医者さんでする

白い歯 ホワイトニング 歯を白く 一般の方向け歯科情報

歯を白くする(歯自体を白くする)方法は、大きく分けて2つあります。

1つはネット販売など個人で購入して自宅で行う方法

もう1つは歯医者さんで歯に薬剤を塗布して光照射器で歯に光り(または熱)をあてて化学的に白くする方法です

歯医者さんで行うホワイトニングにも2種類あり、先ほどの光照射器を使用するクリニックで行う『オフィスホワイトニング』と先生の指示のもと自宅で行う『ホームホワイトニング』です。

私は歯医者さんで行う『ホワイトニング』をおすすめします。理由は2つ

ひとつは歯にむし歯などの病気が無いかの確認を歯科医師に診てもらえるためともうひとつはホワイトニングの効果や痛み、危険性などの情報を専門家から得られるからです。一度クリニックでホワイトニングを行った後に自宅で出来るホワイトニングは安心出来ませすが、初めてのホワイトニングを通販などで購入して行う事は、お口の状態も分からないまま薬剤を使用するので、私はおすすめ出来ません。


今までは過酸化水素を使用したホワイトニングが主流でしたが、最近ではポリリン酸を使用したホワイトニングも増えています。

過酸化水素はエナメル質(歯の表面)を通り、象牙質表層まで達して着色した色素を分解することができるといわれています 。過酸化水素が歯の中に入り込み色を根本から漂白します。 過酸化水素は歯科でしかお口の中に使用出来ませんので、このホワイトニングは歯科でのみ行えます。

強い薬剤を使用する時は歯肉(歯ぐき)を保護します

ポリリン酸(分割ポリリン酸Na)は食品添加物としても認められていて、安全性が高く、費用も過酸化水素を使用するホワイトニングより安く設定されてる事が多いです。しかし過酸化水素の様に象牙室表層までは届かないので、白くする効果はやや低いと思います。

現在ホワイトニングに興味をお持ちの方や、今より歯を白くしたい方はインターネットで購入する前に一度歯医者さんで話を聞いてみると良いでしょう。

ちなみに芸能人で歯が白い印象のある方は、ホワイトニングをされている方もいると思いますが、歯の表面や歯全体を削って『白い人工物(かぶせ物や歯の表面だけ白く覆う物)をくっつけている場合もあります。ホワイトニングと言うよりも『治療』『補綴』で白くしています。

『ホワイトニング』はどこからどこまでを『ホワイトニング』とするか決まりがありません。市販の歯磨き粉や洗口液なども『ホワイトニング』と表現している物があります。どれを選ぶか難しいと思いますが、どの『ホワイトニング』も歯に影響する事は間違いありませんので、個人的には『歯医者さん』でお口の中を診ていただき、むし歯など有無を含めてホワイトニングが出来るかを確認する事をお勧めします。