ケース4】N先生 歯と脳と身体のバランスを考えた歯科医師

歯科医師向け情報

岩手県で開業しているN先生は、最初に後頭部から触り出す。歯科医師であるにも関わらず、もちろん主訴が『痛み』の場合はそちらを優先させる、それ以外は身体全体を見てから、口腔内へ視線を移す。


最初にこのN先生とお会いする前に、何度となくLINEでやり取りをして、歯ならびの写メや現在身体で調子の悪いところなど、細かく聞き取りされ、しまいには口腔内ミラーで撮影するような口腔内写真を撮って送るように言われました。


それは無理ですとお答えした(^^;)

JCAカイロプラクター


ストレスが多い人は頭が重たい』と言い、ユニットに寝かせた患者さんの頭を、12時の方向から持ち上げ確認する、『健康な人は頭が軽い』のだそうです


N先生の治療理念は 《ワクワク楽しい 痛くない 怖くない 一生付合える笑顔の絶えない歯科医院》 で歯医者さんのイメージの悪さを何とか払拭したいと日々お話されています。


予防歯科の考えも、毎日の悪い習慣病気を作り、良い習慣健康を作ることから、普段の生活や姿勢などから指導して、100歳までの口腔内目標を設定して、いつまでに、どれくらい、どうなっていたいのかを話し合い、そのために今何をすればいいのか対策を立てて実行して、定期的に検査、口腔内写真、パンラマ写真を撮って年間を通して歯や歯肉、身体を守り育てて行くシステムこそが予防歯科だとおっしゃいます。



健康寿命を考え、そこから逆算して歯科に何ができるかを日々考えて、LINEを使用して個別に人生相談も受けている、そんなN先生は、もうすぐ60歳を迎えるが、一人でも多くの方に自分の情報をお伝えしたいと新たにSNSを導入されて、患者さんと繋がっています。

そんなN先生を尊敬しています。

この記事に関して詳しくお聞きになりたい方は、LINEまたはメールでお問い合わせください。

LINE ID検索はこちら @jjw9748x

メールアドレス:befilledrich@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。