歯科医院様向け令和の自費治療の増やし方

歯科医院 歯医者 SNS マーケティング 歯科医師向け情報

ランディングページ(LP)と言う一般的に『集客に特価したWEBページ』がマーケティングの世界では使われています。1ページのWEBに目的の情報が詰め込まれています。

目的は集客やお問い合わせ、申し込みなど決められていて、その目的に合わせてストーリーが決められています

そのランディングページ(LP)を伝えているのは『メール』や『LINE』などが使われています。

その一般的なマーケティング方法を『歯科業界』に置き換えるとどうなるか?

それは患者さんと『ビジネスLINE』で繋がり、定期的情報提供を行い、要所で自費治療の説明に特価したLPビジネスLINE配信するとなります

ランディングページとビジネスLINE

一度来院した患者さんと『友だち』になりインフラを確保します。LINEは現在※2020年6月では8,400万人が使用していて、そのうちの8割近くが毎日LINEを使用しています。このコミュニケーションツールを活用して、LPを定期的に配信すれば、お問い合わせや予約を増加させます

例えば矯正治療患者を獲得したい場合は、『歯ならび矯正のLP』を配信して、友だち追加している友だち全員に矯正治療に特価したページ見ていただけます。

仮に100人の友だちにビジネスLINEで配信すれば、約8割ほどの方が既読になり、仮に30%の方がクリックてくれれば24名くらいはLPを見る事になります。友だち1000人なら240名くらいです。

ホワイトニングや白い歯、インプラントもとにかく分かりやすく伝える事で、『先生に相談してみよう』と次の行動に移してくれます

歯医者へ相談に行く事を後押し

最終的にはクリニックで先生やスタッフさんが相談にのり、治療を受けるかどうかは患者さんが決める事ですが、相談の分母が増えれば結果は売上に返ってきます

LINEやWEBを売上に繋げる

まず、この流れを覚えてください『SNS→LINE配信→お問い合わせや予約→治療→LINEリコール→予約』です。SNSやLINEでホワイトニングマウスピース矯正用のLPを配信して売上に繋げます。神奈川県の医院様でホームページにLPをリンクさせたところ、2週間で80万のマウスピース矯正治療が一人決まり、ホワイトニングは2週間で3名LPから予約が入りました※これは一例です。

もしも貴院独自の取り組みを検討されています院長は、一度私にご相談くださいSNSインターネット苦手な方もスタートUPから運用方法までお伝えできます

お問い合わせはこちら

LINEから友だち追加してお問い合わせの方はこちら

友だち追加

簡単メールからお問い合わせの方はこちら

新型コロナウィルスの影響で、口腔内を清潔に保つ事への関心が急速に高まり、定期検診やクリーニングの需要が増えています。その需要を逃さないためにもビジネスLINEやWEBの活用はお勧めします(^^)